木の飾り

サキュバスとはエッチを通じて男性を誘惑する

木の飾り
みんなでサキュバスの同人誌を読もう >> サキュバスとはエッチを通じて男性を誘惑する
木の飾り

サキュバスとはエッチを通じて男性を誘惑する

サキュバスとはエッチを通じて男性を誘惑するために女性の姿をした形で夢に出現する民間伝承における空想の存在。
女淫魔とも呼ばれる。チンジャオ娘とエンガワ卓のエロ同人サキュバス喚んだら母が来た!?発売は来年予定!マスターベーションを72時間禁止すると呪文を口ずさむとサキュバスが現れる。ということを分かったタカシはオナ禁することにした。呼んだサキュバスは母親だった。



サキュバス呼んだらを読みたいならbookliveコミック(旧ハンディコミック)がお得。

先行で読めるから。



bookliveコミックでは1ヶ月目の料金が無料。
行き遅れババア孕ませたの原作チンジャオ娘は作品が配信されると1万本以上は売れる大人気同人サークルである。

同人誌のイラストを担当してる人は達磨さん転んだ。

チンジャオ娘の同人誌が人気の理由としてどこにでもいそうな女の子がエッチな出来事に遭遇し、エッチの気持ち良さに溺れていく王道的なストーリーが特徴的だからです。
「飼育小屋少女」みたいなエロくてグロい同人を企画することもあります。



エンガワ卓はサキュバス呼んだら母が来たの絵を担当。エンガワ卓の絵はおっぱいが大きいむちむちした女。

サキュバス喚んだらに登場するサキュバスはムチムチ。チンジャオと一緒に作った作品は合宿免許の実態〜彼女を変えた14日間〜 などがある。サキュバスよんだら母が来たのキャラを紹介。
森田タカシ。

学生でいまだに童貞。母の裸体を見たらビンビンのチンコを萎える。

森田惠利、森田タカシの母。

女子力もない母親。


エリリン、タカシが召喚した新人サキュバス。それはタカシの母親だった。同人とは明治時代初期に同じ趣味を持った人達同士が集まって同人雑誌を作っていた。



同人=エロという意味はない。



どうして同人=エッチなイメージがあるかというと同人の世界ではエロが一番人気のあるジャンルだからです。



月に1冊の作品を出して500部以上売れたらやっと生活していけるレベルのようです。

関連記事

木の飾り
木の飾り
Copyright (c) 2014 みんなでサキュバスの同人誌を読もう All rights reserved.
木の飾り